スロッター初心者必見!基本的な高設定の判断 6が存在しない地域編で勝つ為には!!

Pocket

今日は設定狙いの中でも6が使われてない地域のお話です。

せっかく設定狙いしても6が使われてなかったら話になりませんよね。

 

でもそんな地域でも稼いでるユーザーはいるんですよね。

そんな地域でこそ、プラス収支で終わる為にも明日から出来る事をまとめてみました。

 

まずは

設定6をあくまで探すのか

高設定域(設定4)で納得するのか!!

 

を決める事です。

 

そう断言しなければいけない程には、今のホールに設定6はありません。

雑誌やメディアを否定するわけではないのですが、そこに書いてある内容は

 

「自由にお店が選べる地域」が前提になっています。

つまりここが駄目でも次の店…

という感じに探していけば絶対にどこかにいい店が見つかるはず、という条件付きです。

見つかるまで歩けって事ですねw

 

最初から都内や都会の激戦区で探すのであれば、選択肢は多数あるでしょう。

しかし多くのパチスロユーザーはそうはいかず、

そのために引越しを考えるのは一人暮らしのパチスロ生活者だけができる事です。

 

・住んでいる地域に依存する

故に、設定6など移動可能な範囲にはどこにも無いという地域は珍しくありません。

パチンコ屋は特に競争心で出率を設定するので、近くにライバル店がない地域は万年回収営業です。

流石にごく一部ではありますが、低設定以外存在しない地域というのも可能性はあります。

 

見分け方としては(ここから大事です

・どう考えても出ていないのにいつもそこそこお客が居る→その店しか選択肢がない

・たまに出ているノーマルタイプは、いつもBIGの引き強である→REGが弱すぎる台はノーマルでは低設定

・いつも休憩の椅子に座っている人がいる→ハイエナ狙いのプロ

 

特にハイエナ狙いのプロがいるという事は、宵越しの天井狙いをしている可能性が高いのです。

稼働が高い店は歩き回っていなければ台が取れませんし、そもそも天井前でやめてくれません。

ハイエナ出来る環境=宵越しが狙えてあまりライバルがいない=宵越しという事は設定変更していない

この3つに当て嵌まる地域は、6が探せません。

そもそもそんなものが存在しないからです。

どうしてもいい店を探したい場合、車でかなり遠い店を探す事になるでしょう。

 

 

・ジャグラーと花火の最高設定は5、ハナハナは4

そこまで酷くなくとも、ある程度高設定っぽい店が存在する…という地域も当然あります。

特に設定をする店からすると、ノーマルタイプの6は嫌われます。

 

 

単純にお客が店を見た時、6を1台使うより4を4台使った方が見栄えがいいからです。

加えて引き次第で4でも簡単に6の合成確率になるので、お店にとって6を使う意味がありません。

 

 

ジャグラーシリーズは機種によっては4では出ないので最高設定は5、

花火はBIG中のハズレさえ出れば問題ないので6じゃなく5を使用します。

それでなくても花火は出にくいので、少数台シマであればオール5も可能です。

 

 

携帯小役カウンターを使って設定判別も出来るので便利ですね。

(iPhoneのアプリになりますが・・)

Android携帯の方はこちら

どちらも使いやすくおすすめです。

 

そのほかにも「カチカチ君」という小役カウンターがあります。

カチカチ君を持ってるユーザーはたくさんいますよね。

僕は携帯で十分かな・・と思います。

 

そもそも小役カウンターって何・?

って人にも分かりやすいように説明すると長くなっちゃうので・・

こちらに説明書いてあるので気になる方はぜひみてくださいね。

 

 

ハナハナは機械割が元々高い+REG後のパネルフラッシュは3以上から出現するので4で十分です。

何を馬鹿なと思うかもしれませんが、こういう店の方が圧倒的に多いのが現実なのです。

一人に大勝させるより、数人に引き次第で頑張って貰う方がいい。

多くのパチスロ店は、そういう方針を取っています。

確かに一台だけ出てるよりは、設定4でそのシマ全体的に出してた方が

お店側にもPR効果がありますもんね。

っと、ダラダラ書いてみましたが。

まとめると小役カウンターを使ってホールを探し回るしか

ないという事ですね・・

探せばいいお店は見つかります。見つからなかった人。コメントください!

一緒に探しましょう。笑

Pocket